こずこの部屋

育休中のワーママ。夫海外赴任中で年子育児。それでも何とかやってます

無痛分娩って痛い?痛くない?実際にやってみた体験談。

私は息子の出産時、無痛分娩を選択しました。

 

理由としては、実家への里帰り出産ができず産後の夫のサポートも期待できない。そのため、少しでも体力を温存する必要があったからです。

実際に無痛分娩で産んでみてどうだったのか、この記事では書いていきたいと思います。

 

私は専門家でも何でもないので医療上のメリット・デメリットについては語ることができません。

ただシンプルに、無痛分娩により出産した私個人の感想をつらつら書いています。

 

無痛分娩予定だと過剰に痛みを恐れる必要がない

妊娠が判明し、すぐに冒頭に書いた通りの状況になることも予想できたため比較的早い段階から無痛分娩をすることは決めていました。

 

妊婦向け雑誌では頻繁に「陣痛への心構え」の特集が組まれているくらい、陣痛への対応、恐怖心への克服は妊婦にとっての大きな課題となっています。

でも、私の場合は無痛分娩が決まっていたため妊娠中から「陣痛に耐えられるかな・・・」などと心配はすることなく心穏やかに過ごすことができました。

ただでさえ体調は思わしくなくお腹の子供の安否も気になるような妊娠中の毎日。

通常であればかなり大きいはずの痛みへの不安がほぼ無くなっていたことは平和な妊婦生活に大きく貢献してくれました。

とはいっても、後述しますが完全に無痛という訳ではないということも聞いていたので産院のソフロロジー教室に行くなどして最低限の心の準備はしておきました。

 

無痛分娩とは言え、麻酔が効くまでは痛みはある

産む日を決めてその日に陣痛促進剤+麻酔で無痛分娩を行うという病院もあるようですが、私の病院では自然の陣痛を待ってしばらくお産を進めてから麻酔をする、という方針でした。

麻酔が効くまでは普通分娩と同様、陣痛に耐える時間がありました。しかも私の場合は破水からのスタートだったため、感染を防ぐために子宮口にバルーンを入れてお産を積極的に進めることになり・・・

まあ、この間は結構痛かったです。波が来ている時は会話がストップする程度には。

とはいっても2時間程度だったので普通のお産よりは格段にラクだったはずです。

 

麻酔が効いてからは超余裕!くつろぎモード

最終的に子宮口が4cmになり麻酔が入ってからは天国でした。

 

麻酔自体は背中に太い針とチューブを刺して行うのですが、我慢できる程度の痛さ。

しばらくするとさっきまでの痛みはどこへやら、お産が進むのを待っている間はテレビや病院が用意してくれたDVDを見ながらだらだら過ごすだけでした。

看護師や医師が定期的に様子を確認してくれてとても安心。痛みがほぼないからといってほったらかしにされるようなことはありませんでした。

付き添いの夫も腰をさすったり励ましたり・・・というのをイメージしていたようですが拍子抜けしていた様子。

破水していたので陣痛促進剤もガンガン入っていましたが(出産が長引いて赤ちゃんが菌に感染するのを防ぐため)、地獄を見ずに済みました。

 

いざ出産!感覚はあるけど痛みは感じず

子宮口がさらに開いてきていよいよいきむ段階に。

助産師さんと一緒に陣痛のグラフなどを見ながらピークに合わせていきむのですが、それを見なくてもある程度は感覚で「あ、陣痛の波が来ているな・・・」とわかりました。

痛くはないのですが、筋肉がぎゅーっと縮まっているような感じでしょうか。

痛みに耐える必要がなく、純粋にいきむことだけに力が使えたということもありそこからのお産はかなりスムーズに進みました。

この間も痛みが出ていないか、麻酔が効きすぎていないかなどの確認は定期的に行われており、お願いすれば麻酔の追加等調整もしてくれました。

 

そして誕生の瞬間・・・

ここでも、やはり体への負担があまりなかったので赤ちゃんとの対面は笑顔いっぱいでできました!

感動よりも「やっと解放された・・・」という感想が上回った、というような話も聞きますが喜びをもって赤ちゃんを迎えられてよかったな、と思います。

産まれる直前は赤ちゃんが骨盤を通り抜けてくる感覚もしっかり伝わりましたし、自分で産んだ実感が無くなるなんていうことはありませんでした。

 

産後も比較的体力が残っていました

陣痛中に必要以上に力を入れすぎると、顔の血管が切れたり、しばらく筋肉痛になったり、会陰が変な切れ方をしたり、そういったトラブルが発生することがあるそうです。

私の友人はいきみっぱなしになっていたせいか、腰がおかしくなってしばらくまともに立てなくなってしまったと話していました。

私は力を抜いてお産ができたおかげかこのようなトラブルは発生せず、産後すぐに息子の世話に集中しやすい状態でした。

最初に書いた通り無痛分娩を選ぶことにした最大のポイントは「産後の体力温存」でしたが、このメリットも充分享受できたと思います。

 

お会計はやはりちょっとお高め

病院にもよるのですが、無痛分娩を選択すると一般的には10万円前後の追加料金がかかってきます。保険適用外なので、全額自費負担となります。

私が出産した病院でもご多分に漏れず通常の出産費用に+10万円程度でした。

決して安い金額ではありませんが、個人的にはコストパフォーマンスで考えるとアリな選択だと自信を持って言えます。

 

まとめ。個人的には無痛分娩は最高でした!

少々費用はかさみますが

  • 妊娠期間中の不安が軽減される
  • 麻酔が効いてからは天国
  • 笑顔で誕生の瞬間を迎えられる
  • 赤ちゃんのお世話に向けて体力が温存できる

など、無痛分娩にすることのメリットはたくさんあります。

 

もちろん子宮や会陰へのダメージ、その他ホルモンの乱れなどによる体の不調は麻酔無しの分娩と同じようにありました。

ただでさえボロボロの体に新生児のお世話が加わる、というのは無痛分娩の場合も変わらなかったです。

 

つわり~産後まで回避不能なトラブルや辛さが多い妊娠出産期間。

それを少し軽減させてくれたのが無痛分娩でした。

 

どなたかのご参考になれば。 

 

※この記事は無痛分娩を積極的に勧めるものではなく、あくまでも個人の感想について書いたものです。

医療的なメリット、デメリットについてはここでは触れられませんし、無痛分娩を選択した場合もそうでない場合も一切の責任を負えません。

実際の選択についてはご自身のご判断でお願いいたします。