こずこの部屋

育休中のワーママ。夫海外赴任中で年子育児。それでも何とかやってます

結局、出産前にどのような髪形にするのが一番良いのか

「髪型、どうしよう・・・」

長男出産前に産休に入ったくらいの私を悩ませていた問題の一つ、それが産前産後のヘアスタイル。

産後は美容院に行く余裕があるかわからないし、一体どんな髪型にすればよいのかとても迷っていました。

最終的に美容師さんとも相談して髪が結べる程度のボブにしましたが、これから出産という方にも同じ悩みを持つ方がいらっしゃるかと思います。

 

そんな方に向けて自分の産後の経験も交えて本記事を書いてみました。

そろそろ産前ラスト美容院かな?という方はぜひご覧ください。

 

ヘアスタイルの維持しやすさから考える

産後はやっぱり心身ともに美容院に行く余裕が無くなります。

新生児のお世話をしている間は産後で体はボロボロ、しかも寝不足で美容院に行こうなんてとてもじゃないけど思えませんでした。

そんなことよりも寝ていたい!

 

ちょっと生活リズムがつかめてきて身なりを整えたいな・・・と思えるようになってからも、子供がいない頃とは全然勝手が違います。

私は産後2カ月くらい経った頃に夫に任せて美容院に行きましたが、普段は母乳だったので哺乳瓶を拒否しないか事前に確かめたりミルクのあげ方を練習してもらったり、何かと手間がかかりました。

 

髪が結べるくらいの長さだとある程度美容院に行けなくてもヘアアレンジでごまかしやすいですが、ショートだとなかなかそうはいきません。

以前ショートにした時の経験上、1カ月に1度は美容院に行かないともっさりしてくるし、中途半端な長さになると寝癖が付きやすくなってきてセットにも時間がかかるので産後は若干不便かな・・・と思います。

 

髪色についてはこだわりがないなら黒くしておくのが楽だと思います。

私は元々しばらく髪を染めていなかったのですが、髪の根元だけ黒くなってくるのを気にしなくて良いのはありがたかったです。

プリン状態になるとなんとなくだらしなく見えてしまいますしね・・・。

 

授乳の時に髪が邪魔にならないか問題

授乳は若干うつむいている状態ですることが多いです。

最初の頃は咥えてもらうのも一苦労で、赤ちゃんの顔を必死で胸にくっつけようとするも吸ってもらえず数分経過、なんてこともしょっちゅうありました。

 

となると、髪がぱらぱら赤ちゃんにかかりそうになるんです。自分も顔にかかって邪魔ですし。

新生児期は自分もお世話に慣れていないので髪が目に入ったりしないかな、大丈夫かな、とすごく気になったものです。

 

でも、髪を後ろでまとめることでその心配はかなり軽減されました。

 

ショートの場合でも髪が邪魔・・・ということは無いと思いますし、ショートではないにしろギリギリ結べないくらいの長さの場合もヘアバンド等である程度対策できそうですし、これはどんな髪型でも工夫次第でなんとかなりそうな問題ですね。

 

産後はびっくりするほど抜け毛が増える

「赤ちゃんの首が据わるころから腰が据わるくらいまでは抜け毛がひどい」

と聞いていましたが、私の場合はまさにその通りでした。大体産後3カ月から7カ月くらいの間だったでしょうか。

 

お風呂場の排水溝が詰まることが増え、(本当にハゲるんじゃないか・・・)と心配になるくらいには抜けていました。もちろん、部屋でも落ちた毛を見ることが増えたので掃除機をかける頻度も上がりました。

当時セミロングくらいの私でもそうだったのだからロングヘアの人はもっと大変だったと思います。

 

このあたりの対応はショートヘアにしているのが一番楽でしょうね。

掃除の手間もありますが、ごそっと抜けた髪を見るのはなかなかショックなものなので・・・笑

 

赤ちゃんがいるとお風呂にゆっくり入れない

配偶者の協力があれば毎日一人でお風呂に入り、ヘアケアをゆっくりすることもできるかもしれません。

でも、なかなかそんなご家庭ばかりではないですよね。

 

私の夫は早くとも21時くらいの帰宅だったので、子どもの寝る時間を考えるとほぼ毎日自分一人で子供をお風呂に入れることに。

夫の帰りを待って一人でお風呂というのもできなくはなかったですが、夜は極力早く布団に入りたい!結局時間確保のために子供と一緒に自分のお風呂も済ませていました。

 

やっぱり毎日のヘアケアにかかる時間を考えるとショートヘアに軍配が上がります。

マメにカットするので傷みが目立ちにくいですし、シャンプーやドライヤーにかかる時間もロングより格段に短い。

 

ただし、ショートだと美容院に行くことが増えるのでそちらにかかる時間は増えるかもしれません。

 

まとめ。産前産後も好きなヘアスタイルで過ごそう!

ロングヘアのメリット

  • ある程度美容院に行けない期間が長くても対応しやすい

 =美容院に行く時間の節約、費用の節約になる

 

ショートヘアのメリット

  • 抜け毛が増える時期の掃除がラク
  • 毎日のヘアケアがラク 

 

どちらも一長一短なので、結論としてはどのような髪形でもなんとかなる!といったところです。

ただし、美容院への通いやすさや赤ちゃんの気質を考慮すると若干それぞれのメリットの大きさは変わってくるかもしれません。

 

髪は急に伸ばそうと思っても伸びるものではないですし、ロングからショートヘアにするのも勇気がいるし扱いも慣れないのでかえって手間がかかるかもしれません。

 

ただでさえ変化が多い出産前後。せめて好きなヘアスタイル、いつもの慣れたヘアスタイルで過ごすのが良いかもしれませんね。